スキーの日とレルヒ少佐


レルヒ少佐(テオドール・フォン・レルヒ) 1869〜1945年

1911年1月12日、日本に初めてスキーを教えたオーストリアの軍人。その場所は、旧新潟県高田市。

レルヒ少佐の像

 明治43年(1910年)、日露戦争に勝利した日本陸軍の研究のため来日したレルヒ少佐は、翌44年(1911年)、旧日本陸軍高田第13師団(旧高田市)の視察のため高田を訪れ、自費で作った軍用スキー10台を寄贈した。スキーに関心を持っていた長岡師団長の願いにより、1月12日金谷山で軍人を対象としたスキーの指導が行われた。これが、日本でのスキーの始まりになった。その後、民間にも指導し、2月には高田スキー倶楽部が発足するなど、市民の間にもあっという間に広まった。

昭和36年(1961年)、金谷山にスキー発祥50周年を記念してレルヒの銅像が建てられる。
昭和59年(1984年)、アルペンスキーの発祥地オーストリアのリリエンフェルト市と姉妹都市となる。
平成 4年(1992年)、日本スキー発祥記念館が建てられる。

 この記念館は、長野オリンピック冬季競技大会の開催に向け、日本のスキー発祥の地「上越市」を全国にアピールするため、平成9年(1997年)にリニューアルオープンした。記念館には、当時のスキー板、様々なスキー文献、遺族から寄贈された手記などのレルヒ少佐に関する資料など、貴重な資料を多数展示している。



>>> LINK 新潟県上越市のホームページより  「日本スキー発祥記念館」